目標を達成する力

目標達成 目標

今回は、どう目標を達成していくのか、についてお伝えしたいと思います。

目標達成に必要な3つのこと

基本的には、以下の3つであると思います。

  1. 毎日のように見続ける。加えて、自分にも他者にも言い続ける、書き続ける。
  2. 目標に対してどうだったのか、毎週、毎月など定期的に、客観的な数字で進捗を確認し、解決策の可否を検討する。
  3. 自分の体験や読書、他者から聞いたこと、出掛けた場所で見聞きしたこと、などの中から、心が動いたことを記録する。

どうでしょうか?そんなありきたりな話だったら、どこかで見たり聞いたりした、と思われるかもしれません。

行動が伴い、思うような結果が出ている方であれば、今さら確認する必要はないと思います。

しかし、結果はどうあれ、行動が伴なっていないようであれば、知らなかった人と何ら変わりありません。

ここで目を背けると、「意志力を鍛える」、「集中力を磨く」などの術に走ろうとします。

それはそれで生産性を上げる効果はありますが、その術自体、本来の目的に紐付いてなければ、長期間継続していくことが困難になります。上位レイヤーの問題は、下位レイヤーでは解決できません。

目標を見続け、発信する

そもそも、目標自体に、強力な引力があることが必要ですが、そうは言っても人間ですから、 1日の中でも感情の波がありますし、不必要にメディアや他人の情報に少なからず影響されるものです。

ですから、可能な限り、そういったものに頭の中を毒されず、淡々と行動するためにも、 1の「毎日のように目標を見続ける。加えて、自分にも他者にも言い続ける、書き続ける。」ことが必要なのです。

目標に対する定期的なフィードバック

そして、2の「 目標に対してどうだったのか、毎週、毎月など定期的に、客観的な数字で進捗を確認し、解決策の可否を検討する。」ことで実現可能性を高めます。

現実との差異を定量、定性の視点から記すことで、進捗度を客観的に把握し、予定通りでなければ、行動の質と量を修正する必要があります。

その際、重要なのは、小目標の達成です。

人間は、自分が体験したこと以外、心の底から信じることはできません。

その道のプロから、いくら論理的で合理的な教えや、成功体験を聞いたとしても、自分がそこに介在していなければ、他者と自分は断続的であるため、必ず埋まらない溝があります。

自分が直接、行為として関わらなければ、本当に信じることはできず、行動には行き着きません。

ですから、たとえ、他者の猿真似でも、どんなに小さな目標でも、自分の成功体験が重要なのです。 この道が自分にとって正しいことを、身体知として持つことができます。

目標を意識し続けると、目線が上がる

さらに、目標の実現可能性を高めるのは、3の「自分の体験や読書、他者から聞いたこと、出かけた場所で見聞きしたこと、などの中から心が動いたことを記録する。」ことです。

目標を常に意識していると、上記の対象に触れた時、直接的には、解決を後押しする知恵が頭に浮かんだり、間接的には、全く関係ない、例えばスポーツや芸術などの話と、掲げた大目標との構造的、あるいは比喩的な類似性を発見し、心が揺さぶられることで確信を深めるようになります。

確信が深まれば、モチベーションが持続し、行動を促進することになりますから、目標に近づきます。

私は、心が動いたことをメモして、あとで何となく眺めていると、思わぬ着想を得たりしますが、この恩恵は計り知れません。

目標達成のためのアプローチ方法

目標達成のためのアプローチ方法は、大きく2つあります。

型を見につけるアプローチ

1つ目は、決まった型を、決まった順番で実行するアプローチです。すでに実証済みであるため、その通り行動すれば、一定の結果を得られる可能性が高い方法です。

武士道の考え方に通じるものがありますね。

そうはいっても、全て同じ条件ではありませんので、実際は現状に合わせて、少しずつ編集していくイメージです。

典型的なのは、受験勉強、資格試験勉強、組織内の非定型業務、フランチャイズ方式のコンビニエンスストア、のれん分けしたラーメン屋などがあります。

もちろん創意工夫は必要ですが、一定の成果が確実に期待でき、行動量に比例しやすいため、効率的に機能します。

場合によっては、少し逸脱してみることで、商品・サービスがカスタマイズされ、結果的に差別化されたオリジナルに近い商品・サービスとなる可能性もあります。

継続的な仮説・検証によるアプローチ

もう1つの目標達成のためのアプローチ方法は、試してみた現象を分析し、修正しながら解や法則を見つける研究者のようなアプローチです。

まだ世の中にない、商品やサービスを開発する場合に機能するアプローチですので、人によっては、こちらのアプローチの方が断然、面白いという方もいらっしゃるでしょう。

自分の仮説を試し、採取した現象を解析し、再び仮設設定して試す、というPDCAサイクルを短期間で回し、結果の精度を上げていく作業なので、データ解析力、抽象化力、仮説力など、論理に基づいた思考能力が必要となります。

インターネットサービスは、リアルタイムでデータを取得できますので、このアプローチが機能しやすい業種です。

しかし、エアビーアンドビー、ウーバーのような、これまで世にないサービスを生み出す可能性がある反面、計画通り進まず、収益化まで長い時間が掛かるリスクがあります。

従って、初期資金というより、運営資金を用途とした、段階的な資金調達を行える状況を作る必要があります。

以上、目標達成のためのアプローチ方法をご紹介させて頂きました。業種や経営者の適性によって、どちらを選択するかが決まりそうですね。