マネージャーを創り出す経営者の要件

実業家 マネジメント

新たな役割を担ったものの、それまでの知識や経験が通じず、壁にぶつかることがあります。

自分の常識を捨てたり、プライドを捨てた方が良いと、頭ではわかっているものの、実際に行うのは容易ではないですね。

名選手は名監督にあらず

野球界では「名選手は名監督にあらず」と、いつの日からかよく言われるようになり、目の当たりにすることも多くなりました。

現役時代にスター選手だった監督、特にスラッガーだった監督は、ホームランが何本も飛び交う、素人が見ても分かりやすい、攻撃野球を好む傾向があるようです。

かつてスター選手だった人は、自分ができたことは、他の選手もできると思い込みます。

大きな負荷なく、イメージした多くの事が出来てしまい、並の選手の気持ちや痛みが分からないため、言葉より感覚が先行してしまうせいか、うまく指導できないそうです。

同じ時代に選手、監督として相見えた、長嶋茂雄さんと野村克也さんは、この点でよく引き合いに出される代表的な事例です。

新任マネージャーと経営者の関係

ビジネスでいえば、スーパー営業マンだった人が、必ずしも優秀な営業マネージャーにならないのも、よく見聞きする話です。

より責任ある立場となった人は、小さな枠に執着する自分の心を揺さぶり、自身を疑うことが必要であり、スタートだといえます。

さらに、致命傷とならない失敗を、積み重ねることが肝要です。

そのためには当然ながら、企業でいえば経営者や株主、プロ野球でいえば球団社長やオーナーなどが、その代償を投資と捉える、先見性や度量が不可欠となります。

そうはいっても、新任マネージャーや監督がその結果をどう受け止めたかや、結果を受けてどう行動しようとしているのか、などの判断材料が必要です。

この時、新任マネージャーに求められるのは、過去の成功体験を一度脇に起き、現実を受け入れる勇気や素直さです。

その上で、客観的な情報収集に努めたり、可視化したりすることで、新しい立場での自身の役割の方向性を定め、試行錯誤できるかが、その後の成果を左右します。

マネージャーを一人立ちさせる、経営者の役割

経営者は、その姿を見守りつつも、対話を通じて、当事者の内的変化に焦点をあて続けることが最も重要だと思われます。

よく「自分の分身が育たない」と、嘆かれる経営者の方がいらっしゃいます。

私も経験があるので、容易でないことは確かだと思いますが、手塩にかけるのか、勝手に育ってもらうのか、という極端な二者択一ではなく、人の本質を見抜く眼力と忍耐が上位者には問われます。

この点が、新任マネージャーが一人立ちできるかの、半分以上の要因を占めている、といっても決して大げさではありません。

分身とまで行かないにしても、信頼できる、 一定の権限と責任を渡せる他者が1人でもいるだけで、心強く、軽やかになるものですね。