初めてのバイアウト

握手 バイアウト

同じ時期に起業した、年の近い仲間が10人近くおり、7年後に上場した友人もいましたが、次々と脱落し、会社員に戻ったり、行方不明になった人もいました。

従業員は30人以上になったものの、運が良かっただけで、盤石にはほど遠く、風が吹けばすぐに飛ぶような会社です。

さらに成長しなければ、この会社に未来はないと認識していました。しかし、自分にはその意味も見出せずにいました。

バイアウトを考えるようになったきっかけ

生存本能のようなものが牽引し、その心配がなくなれば、人生の意味とか時間の使い方とか、より人間らしい欲求に変わっていくのでしょう。

そんなことを経営者仲間に話すと、アメリカではバイアウトが、1つのエグジットだと聞きました。

調べていくと、日本でも、孫正義さんは自動翻訳機を松下電器に売却し、1年間ビジネスモデルを考え続け、ソフトバンクを起業しました。

本田宗一郎さんも、東海精機重工業という会社をトヨタグループに売却した1年後、本田技研工業を創業しました。

会社売却というと、当時の私には、立ち行かなくなった会社が身売りするイメージしかありませんでしたが、こうしたエピソードを知らないだけでした。

M&A仲介会社と連絡を取り、事業概要や財務概要などを匿名で公開してもらうと、すぐに候補となりそうな企業が5社ぐらい、希望価格前後で興味を示しているとのことでした。

早速、売却に向けた準備に取り掛かり、すぐ売れるだろうと思っていましたが、それまでの大人でないマネジメント体制が原因で、険しい道の始まりとなりました。

創業社長は経営者でもあり、投資家でもある

創業社長は経営者でもありますが、 未公開株式の大株主でもあります。

経営者の側面では、会社を成長させ、事業の存続のために、戦略と行動の責任を担います。

株主の側面では、投じた資金にレバレッジを効かせ、リターンを最大化させる投資家です。

伸ばすべきは経営者の実力だと思いますし、その結果、事業成果が出たからこそ、流動性のある金融商品として考えることができます。

私自身、投資にはほとんど興味がありませんので、低リスク商品や応援したい会社にしか投資していませんが、バイアウトは結果責任が明確で、一番地に足のついた投資ではないかと思います。

株式投資、不動産投資、仮想通貨などは、他人の作ったシステムに依存しており、アマチュアはプロのカモになるだけの世界ではないでしょうか。

バイアウトの大きなメリット

また、バイアウトのもう1つ大きなメリットは、時間を手に入れることができることです。

私の場合、会社員退職と起業の間で時間を空けることができず、翌月から違う現実と戦わざるを得ず、立ち止まって考える時間はありませんでした。

誤解を恐れず申し上げるならば、今の仕事で頭が支配されている時に、新しいことなんて入ってくるはずもなく、全て空にしないと、人生の大きな意思決定はできないんじゃないかと、私は思います。

この点は、日本で人生100年時代の議論のきっかけとなった、リンダ グラットンの『LIFE SHIFT』でも語られています。

同著のメッセージは、「寿命が伸びることによる、長く働くことの必要性」と「長い人生における、余白期間の重要性」でした。

生活する手段として起業し、作った会社を売却する。経済的な側面、人生設計の側面でメリットがあります。

同じエグジットでも、株式公開した場合は、そこからさらに頑張らねばなりませんし、場合によっては、会社を成長させるために、買収する立場になりますから、売却する立場とは全く逆のベクトルですね。

これまで以上に、経営者の時間は公のものとなるのではないでしょうか。

バイアウト後、どう過ごしたか

さて、売却に関する引き継ぎや、従業員の転籍など全てが終了すると、これまでの騒ぎが嘘のように、暇になります。

何のストレスもなく、仲のいい身近な人とだけの交流、長めの海外旅行など、最初は楽しいですが、数ヶ月もすれば飽きます。

紹介でプライベートバンクなるものに入ってみると、人脈の紹介、投資物件の紹介、全く知らない富裕層世界のお作法も教えてくれました。

成金みたいな私からすると、新鮮で物珍しかったですが、一通り経験すると全く興味がなく、その後、手数料が安いネットバンクに全て移しました。

一方、売却した会社経営時に取得した、中小企業診断士に関係する活動は、全く行うことなく1年半が経過していました。

資格保有者の会合に参加するようになると、実業の元経営者で、女性市場に詳しいということから、色々とお声掛け頂き、仕事をさせて頂きました。

全国の商工会議所の講師を、年間50日以上させてもらったり、資格の受験講座講師、大学講師、中小企業基盤整備機構の販路ナビゲーターや地域支援アドバイザー。

またある時は、シンクタンクのコンサルティング部門のクライアントである、上場企業の販売会社改革や外資系企業の日本進出の支援など、2年弱、中小企業診断士らしいお仕事をさせて頂きました。

もともと、講師の仕事をしてみたいイメージはあり、幸運にもすぐに実現したのですが、可能な限り貢献させて頂いたものの、「ゆくゆくはやっていきたいけど、今じゃないな。。」と、自分の中に軸を打ち立てられないまま、悶々としていました。

そんな時期、ある出会いから2回目の起業をすることになります。